← 新しいエントリー | main | 古いエントリー →
スポンサー広告
スポンサーサイト
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分らしく生きる
私の過去が変化したエピソード②
 

「運の筋トレ」実践中のハチコです。

「誰でも強運体質になれるレシピ」4つの柱
◆とらえ方を変化させる
◆カラダ感覚を刺激する
◆自分らしく在る
◆エネルギーを意識する


昨日の続きです。

B子とは成人になってからは関りもなく
今の自分の生活に全く影響はないのですが、何かの拍子に
「小学校時代を思い出す→B子を思い出す→イヤな気分になる」。

自分も大人になり多少は成長したように、B子も以前とは違うはず。
そう頭では思っても、心が納得していない。

けれど長年くすぶっていた「B子がキライ」という思いを吐き出し、
同級生たちに受けとめてもらえ、
小学校時代の思い出は肯定的に変化しました。
そして・・・ここからが変化の本番!   
    ↓↓↓↓↓

私は気づいてしまった・・・

今の私があるのは、B子のおかげ!!!

ライバル心ムキムキのB子に、当時の私は応戦したんです。
(売られたケンカは買うタイプ)

勉強も、リレーも、負けないようにがんばった!
陰口だって屁のカッパ!

B子はズルしなくても元々が成績優秀だったんで、勉強は全く追いつけませんでした。
でもこの応戦のおかげで、私の中に「競争心」が芽生えたんです。
つまり、「がんばること」を学んだんですね。

ここで身につけた負けん気は「踏ん張り力」となり、
社会人になってからの大きな助けになりました。
B子が私を鍛え、育ててくれたんです。
そうか・・・そうだったのか・・・

脳天カチ割られた――ッ!

とらわれが変化し、それが一気に腑に落ちる(カラダ感覚)。
すると自然と心の中から抵抗がなくなる。
抵抗がないと心地よい自分=自分らしく過ごすことができる。

とらえ方の変化は、まるでオセロの白黒がパタパタ変わるみたいに
自分の在り方にまで影響する。
そんな実感を強くしたエピソードでした。

思い出の色は、いつでも変えることが出来るんだね。
飯塚市ヨガ教室Chandraの新HPはコチラ

テーマ : より良く生きる! - ジャンル : ライフ

∧top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。